06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Archive : 2010年06月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年の心に寄せて

2010
06/18
*Fri*
Category:こころ
誇らしげに光放つ朝に心を満たされながら五月は過ぎ、季節は梅雨を迎えました。

何気ない日常に感動し、感謝の心を感じ続けられる幸せ。

多くの温かい心に触れ、生かされています。

ここに来て下さる方々にも、心からありがとう♪



幸せの使者は此処にも♪



忙し過ぎる彼の心を、瞬時に笑顔で満たす愛そのもの。


先日、わんこさんとお散歩している小さな男の子に会いました。

男の子は、(理由があって)他犬に吠えた自分のわんこの頭を今にも叩こうと、その手を空に突き上げています。

目をつむり頭をすくめるわんこに、その手は躊躇いを見せたけれど…バシッ…!

あっ!と思ったけれど、遅かった…!

すぐさま「叩かなくてもいいんだよ、大丈夫」と、心を込めて、ゆっくりと笑顔で伝えると、男の子は心からホッとした表情をして手を引っ込め、それはそれは嬉しそうな笑顔を返してくれました。

本当は叩きたくなんかなかったんだよね。

だって、嬉しそうに後ろに隠したその手と、あなたのあの安堵した笑顔が忘れられないもの。

“叩かなくちゃと思わされてしまった”のは、大人や世間に責められた気がしたのかも知れないね。

その場に居たのは、わんこ連れの5人の大人達。

事が起こる直前、その内の一人が男の子を見つけるなり言ったその言葉は、挨拶の名を借りた随分と傲慢なもの…!

その傲慢さを拾う間もなく起こってしまった。

純真で清らかな子供の心は、言葉の裏にある、その大人自身が気付いていない真意を敏感に感じるでしょう。

そして、真っ直ぐに返そうとするでしょう。

心を押し付けて、子供の心を囲わないでね。

投げ付けるより、解き放とうよ。



あなたの心も自由だから。

全ての心は待っているよ、きっと。






プロフィール

*みいみい*

Author:*みいみい*
American Pit Bull Terrier
zetton
2008.08.21



幸せワンコを目指すお友達

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

幸せわんこ♪ (3)
zetton (5)
迷子 (1)
記念日 (5)
公園 (16)
海 (1)
こころ (6)
お散歩 (4)
病気 (3)
ご挨拶 (2)
日常 (1)
apbt life (1)
緊急のお知らせ! (1)
お知らせ (1)
ムック&ゼットン (6)
大地震 (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



Copyright © apbt life All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。