06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心壊れても

2009
09/03
*Thu*
Category:こころ
今日は、ずっと心に痛々しく残っているお話を書きたいと思います。

苦手な方はスルーして下さいね。

☆*:.。..。.:*☆*・゚゚・*☆*:.。..。.:*☆*・゚゚・*☆*:.。..。.:*☆

数ヶ月前になるでしょうか。
親に虐待されてきた子供たち、そして、その子供たちの心を治療している施設を取り上げた番組を見ました。

治療していく上で必要な幾つかの項目が述べられていましたが、
その中のひとつに『愛情の再構築』といったようなものがありました。

私がとても驚いたのは、
虐待を受けた子供たちは、親から殴られた時の痛みや、口の中の血の味などに愛着を感じるそうです。

勿論、子供たち本人は、そんな事を思ってもみないでしょう。
そんな意識があるはずもありませんよね。

ですが、虐待され、恐怖の中で心が壊れても、
幼い子供たちは親から愛されなければ生きてゆけない、
親から愛されたい、親を愛したい、愛している、
そんな本能が遺伝子の中に組み込まれているのかも知れません、
本人の心を飛び越えて、痛みや血の味にさえ愛着を感じさせるそうです。

そして子供たちは、
心が悲鳴を上げている出来事や相手に、『やめて』という事さえ言えなくなっていました。

そこで、その間違った愛着を一度壊し、愛情を再構築してゆかなければならないそうです。

再構築されなかった子供たちは、将来どうなるのでしょうか。

色々な事が容易に想像できてしまう…。
それどころか、想像を遥かに超える出来事が起こってしまうかも知れない。

温かい温かい愛情で、たっぷりと心を満たして欲しい…
そう願わずにはいられませんでした。


そしてこのような事は、多かれ少なかれ犬達の身にも起こっているのではと、
その影が重なりました。

公園などに行くと、間違った服従訓練や心を壊す躾をされてきた犬達は一目瞭然。

瞳孔が開いた様なガラスの目をして、独特の歩き方をしている…
まるで感情のないロボットさながらに…

寂しいよ、怖いよって訴えている子もいる…

見ているこちらの心まで壊れそうに痛み、悲しみや悔しさが込み上げてきます。

ショックのあまり、呆然と見つめてしまっていた事もありました。

それでも犬は人に寄り添い、真っ直ぐな瞳で飼い主を見つめています。
言葉をなくしてしまいました…


どうかどうか、間違った支配性理論や利己的な感情などに惑わされる事なく、
犬たちの心を壊しませんようにと心から願うばかりです。

立派な訓練、躾が“入った”と思い込んでいる飼い主さんには、
ご自分の愛犬が心のひだを余す事無く表現出来る輝かしい瞳をしているか、
どうかどうかその心で感じて欲しい…

正しいと信じた接し方で、犬たちの心を壊してしまったのならば、
愛犬の心とご自分の心を、親身になって愛情で満たして欲しいと心から思います。

子供も動物も、奴隷ではありません。
そして、自分の心も。

支配しようとすると、いずれ必ず闇にも似た心に支配される日がくるような気がします。


どうか、心ある命が、暖かくて柔らかい色とりどりの愛情で満たされますように(*´∀`*)

その手に初めて抱き締めた時の命の温もりを、
どうか忘れずに思い出して欲しいと思いました。

☆*:.。..。.:*☆*・゚゚・*☆*:.。..。.:*☆*・゚゚・*☆*:.。..。.:*☆




スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

*みいみい*

Author:*みいみい*
American Pit Bull Terrier
zetton
2008.08.21



幸せワンコを目指すお友達

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

幸せわんこ♪ (3)
zetton (5)
迷子 (1)
記念日 (5)
公園 (16)
海 (1)
こころ (6)
お散歩 (4)
病気 (3)
ご挨拶 (2)
日常 (1)
apbt life (1)
緊急のお知らせ! (1)
お知らせ (1)
ムック&ゼットン (6)
大地震 (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



Copyright © apbt life All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。