03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神・淡路大震災から15年~あの日のわんこ

2010
01/17
*Sun*
Category:こころ
いきなりですが…
ちょっと重く長いお話になるかと思います。

苦手な方はどうぞスルーして下さいませね(*´∀`*)

☆*:.。..。.:*☆*・゚゚・*☆*:.。..。.:*☆*・゚゚・*☆*:.。..。.:*☆


1995年1月17日
午前5時46分

私の故郷 神戸の街を
とてつもない大惨事が襲いました。

阪神・淡路大震災です。

そのほんの少し前 東京での暮らしを始めていた私は、
あの日 弟からの電話を受け、
訳も分からず神戸へと向かいました。

壊れる事のなかった父の携帯電話から、
何時間にも渡り、何度も何度も連絡を取ろうとしてくれていたようですが、
中々繋がらなかったそうです。

そしてやっと繋がったかと思えば
「大地震!大変!!テレビ見て!!!」
との言葉を片言のように叫び、
一方的に電話は切れてしまいました。

弟の声は聞けましたが、
家族が無事なのかも分かりません。

実家のわんこ達は生きていてくれているだろうか…

無我夢中で帰った私は、
瓦礫の山の中、歩みを進めるに連れ、
まるで戦場のようだと思ったのを覚えています。

「人生が終わった…」

その言葉だけが、
私の心に黒く大きな影となって押し寄せてきました。

美しかった街並みは、
地獄のような光景に変貌していました。

幼い頃の思い出も、
同級生達や友人、知人の命をも飲み込み、
心に涙さえ流させないほどの過酷な現実が時と共に肥大してゆきます。

過酷な避難生活、
失われた多くの命、
大惨事の中 毎日届けられる新聞の死亡欄に、
友人、知人の名前を見付ける度に、生死とは何なのか、心に重苦しくのしかかります…

ご家族全員と共に亡くなってしまった同級生、

自分一人だけが助かった同級生、

今でもその行方が分からないままの仲の良かった先輩…

学校の教室には沢山のご遺体が並べられています。

色々な想いを言葉にするのは、今でもとても難しいです。

家族や親戚、わんこ達がみんな無事だった事が唯一の救いでした。

あの日、実家に居ていつもと同じ行動を取っていたら、
わんこと共に命を落としていたであろう私。

命拾いをしたのはこれで二度目です。

救われた命に感謝しなければなりません。

☆*:.。..。.:*☆*・゚゚・*☆*:.。..。.:*☆*・゚゚・*☆*:.。..。.:*☆

あの日、立ち入る事も出来なくなった我が家を呆然と見つめていた私の元へ、
一頭の白い中型犬がやってきました。

迷子になったの?
家族の人は?
お腹が空いているの?

でもごめんね、
ここには食べ物が何もないの…
お水もないの…
ごめんね…

そしてフラッとどこかへ行ったかと思うと、
また私の元へ戻ってきました。

一生懸命何かを訴えているようでしたが、
そのわんこさんは既に殺気立っているように思いました。

それでも放ってはおけない…
この子をどうにかしてあげなければ…
そのわんこさんの心に話し掛けようとした、正にその時でした。

突如襲い掛かるようにマウントされ、
太ももや身体に噛み付いたまま、
物凄い力で数メートルに渡り私を引きずって行きました。

痛みと恐怖に襲われる中、
生命の危機を経験したわんこさんの心の叫びのような、
どうぶつの本能とも言えるような、
言葉にならない凄まじさを感じずにはいられませんでした。

わんこさんの心と身体は、
飢餓状態だったのかも知れません。

それがまた私の恐怖心を煽ってしまったのですが、
叩くことや蹴飛ばすことはどうしても出来ません…

どうしたら良いのか分からないまま抵抗していた私から、
そのわんこさんはやっとの事で離れてくれ立ち去ってゆきました。

私の形相も凄まじいものだったでしょう。
(大した怪我はしていません。)

「待って!」
心にあるその言葉を声にする前にわんこさんは立ち去り、
二度と戻ってくる事はありませんでした。


あのわんこさんは、
家族に会えたでしょうか…

誰かに助けてもらえたでしょうか…

あのまま徘徊してしまったら…!

大震災から生き延びた大切な命なのに、
殺処分なんて事になっていたらどうしよう…!

その時の私には、どうする事も出来ませんでした。

今でも心のしこりとなっています。


あの日の大惨事は、
多くの人の命を奪い、
心を壊しました。

この白いわんこさんも、
被災した同じ命です。

人間だけでなく、
多くのどうぶつ達も命を落とし、
助かった命達はその後も苦しみに苛まれていた事でしょう。

壮絶な状況下でのあの出来事を思っても、
決してあの白いわんこさんが悪い訳ではありません。

わんこさんは怖いどうぶつではありません。

それだけは誤解のないようにお願い致しますね(*´∀`*)


そして、被災した実家の二頭のわんこですが、
一頭はすぐに助け出され、
もう一頭は当初、生死さえも分からなかったようです。

何度も何度も名前を呼びながら、
諦めなければならないのかと思ったその時、
突然「ワンワンワンワンワン!!」と大きな声で叫び、
瓦礫の中から自力で出て来たそうです。

倒壊したタンスの下敷きになり、気絶してしまっていたようです。

生命力に感謝しました。

避難生活が続く中、
余震の度に震え上がるわんこ達。

抱き締める事でしかケアしてあげられませんでしたが、
それでも少しずつ元気を取り戻していってくれました。

それどころか、
私たち家族に寄り添い、
心の支えとなってくれた事に感謝してもしきれません。

その後、天寿を全うし虹の橋を渡りましたが、
幸せな犬生だったかな…
心の傷はどこまで癒えていただろうか…

今でもよく思い出します。


15年前のあの日、
そして今日までに、
6432人の尊い命がこの世を去りました。

たくさんのどうぶつ達の命も虹の橋を渡った事でしょう。

多くの人々や、どうぶつ達の心のケアはどうだったでしょう。

今でも苦しんでいる人々がいます。



救われ、生かされている自分の命に感謝すると共に、
亡くなられた多くの方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

そして、再生と希望の光が輝き続けますように、
今でも苦しんでいる方々の心が、
一日も早く救われますようにと、
心から願っています。


あの日、神戸の人々を助けて頂いた多くの方々にも、感謝の心を込めて。


重いお話になってしまってごめんなさい。

大震災から15年が過ぎた今日、
何となく書いてみたい心境に駆られました。


次回からまた、にこにこゼットンでいきますね(*´∀`*)

最後まで読んで下さり、
どうも有難うございました!



スポンサーサイト

COMMENT

忘れちゃいけない事なんだよね。みいさんも怖くて
辛い思いしたけど、ちゃんと思い出して忘れない様に
してるの、すごいよー!
大きい恐怖を感じてしまったワンコは人同様、
心が引き裂かれて壊れちゃうんだよね(´・ω・`)
目の前で大事な人、いつもの街、自分の帰るお家が
崩れていくのを見ていく悲しみは、これはもう
言葉にならないよね。
みいさんが会った白ワンコちゃんも本当なら
見なくていい事、たくさん見て悲しくて心が
壊れちゃったのね。
私もねーたくさん手と足に心も体も傷ついちゃった
ワンコ達からガブガブされた傷、あるのね!
それはね、ワンコ達が私に忘れたらダメなんだよって
残してくれた印と思ってますよ(´∀`*)
それ見る度に、みいさんと同じ、みんなで幸せに
ならなくちゃーってちょっと頑張れる気になれます!
2010/01/22(金) 04:17:47 | URL | ユマの母さん18歳 #WoWDNflg [Edit
*ユマの母さん18歳さまへ*
おかんさーん(*´∀`*)

コメントを下さって、どうもありがとうございます(*´∀`*)!

忘れちゃいけないし、忘れられない色々な事がありました。

わんこさんにも心があって、悲しい事、辛い事であっという間に壊れちゃう…
それでも人間に寄り添って信じてくれようとするわんこさんの心に、育てられ、照らされているのは私たちの方で。

私も怖かったけど、もっとずっと心が傷付いていたのはあの白いわんこさんの方。

実はこの出来事の後からね、大きいわんこさんと遊んでいると思いもよらずに怖い!って思う事があって…。
そんな事、全然思ってないのに(⊃ω・。`)
普段はグレート・デンさんとも大喜びで遊んじゃう私なのに、本当に驚くほど思いもよらずに。
でもその度に、わんこさんともっと仲良くなりたい!って思うんですよ(*´∀`*)

おかんさんが言うように、あの白いわんこさんが、忘れないでー!って言ってるのかも知れないね。
忘れる訳がないんだけど、その一瞬に、今の私にも何かを伝えようとしてくれてるのかも知れないんだね。

最近は怖いって感じる一瞬もなくなりつつあるけれど、ないならないであのわんこさんを思い出します。

おかんさんのガブガブの傷痕も、わんこさんの心と身体の傷痕…
おかんさんが教えてくれたあの子たち、いつも思い出すんですよ。

夢でも奇跡でも何と言われてもいいの。
みんな幸せに!って心から思います(*´∀`*)!

だってお互い、夢も希望も胸いっぱいの、なんてったって18歳ですものね(゜∀゜;)!

2010/01/22(金) 17:56:52 | URL | *みいみい* #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

Author:*みいみい*
American Pit Bull Terrier
zetton
2008.08.21



幸せワンコを目指すお友達

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

幸せわんこ♪ (3)
zetton (5)
迷子 (1)
記念日 (5)
公園 (16)
海 (1)
こころ (6)
お散歩 (4)
病気 (3)
ご挨拶 (2)
日常 (1)
apbt life (1)
緊急のお知らせ! (1)
お知らせ (1)
ムック&ゼットン (6)
大地震 (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



Copyright © apbt life All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。