08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーネスで歩こう♪~ムックと初めてのお散歩編

2011
01/21
*Fri*
逢えばいつもコロコロと笑ってくれた、生後4ヶ月の頃のムックです♪
(ゼットンは1歳と10ヶ月)




ボクがこの地球という星に生まれて二本足のママと暮らすようになった頃、
“くびわ”っていうのをしてたんだよ。

そうしたらある日、優しいママが“はーねす”っていうのをつけてくれたんだ。

首も喉もギューッてならないし、それはとっても楽ちんなんだけど、
でもなんだか歩きたくなくなっちゃうんだよ。

大好きなお散歩なのに、座ったり伏せたりしてじーっとするんだ。

だってね…

○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○

小さな頃は首輪をしていたムック。

でもすぐにムックママさんの思いやりが形になり、
ハーネスを着けるようになりました♪

ムックママさんは元々とっても優しい方。

心に正直に、躊躇なく首輪からハーネスへと変更されて、
首輪にこだわっていた昔の私とは大違いです。

わんこさんにハーネスを着ける事は、とっても自然な思いやりのひとつなのに、
当時の私は首輪のままゼットンの引っ張りを直したいと思っていましたよー(苦笑)

優しさや思いやりは心から自然に溢れてこそ実るものだなぁと、
ムックママさんを見ていて改めて胸に響きました。

ところが、ハーネスにすると歩かなくなってしまうムック…

おやつを使ったり、ハーネスを買い替えてみたり、
ムックママさんは他にも心を込めて試行錯誤されていたのですが、
どうしてもハーネスでは歩かないとの事で首輪に戻されていたそうです。

そしてムックをお迎えに行った時、どうなったかな~と思っていたら、
ムックママさんはムックにハーネスを着けて待っていて下さいました。

依然ハーネスでは歩かないとの事でしたが、
ムックママさんの想いがとっても嬉しかったー(*^-^*)

&quot;; align="left

こちらは我が家に来てすぐの、ハーネス着用時の写真。
ハーネスそのものに拒絶反応を示しているお顔には見えませんよね(*^-^*)
この後、ハーネスは外して過ごしてもらいました。

ハーネスでお散歩出来たら、ムックの心にも身体にもとっても優しいものね♪

きっと大丈夫。

少しずつ練習しようね、ムック♪

○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○

そして、初めてのお散歩へ出発しました。

私がムック、彼がゼットンのリードを持って一緒に歩いていたのですが、
歩くペースが全く違う事もあり途中から別々の道へ。

というのも、ムックはピョコピョコ歩いていたかと思うと、
度々、思いもよらぬタイミングで突然座り込んだり伏せてしまい動かなくなってしまいます。

“思いもよらぬ”とか“突然”と思うのはこちらの都合で、
ムックには理由があるのですが…

ゼットンが一緒なら何とか歩き出してくれる事もありましたが、
一度動かなくなると、名前を呼んでも、どんなに声を掛けても、
ムックの大好きなおやつにも興味を示さず、びくともしなくなります。

頑ななまでに、家での後追いが嘘みたいです。

お家の中で取れていたコミュニケーションが全く取れません。

どんなに心を込めているつもりでも、
あらゆる言葉はただの渇いた音でしかなく、
おやつは無意味な欠片です。

これらをごり押ししていっても、
それでは新たな問題が生まれてしまって、
いずれ万事休すのは目に見えています。

何度座り込もうと自分の意思で歩いてくれるなら、
いくらでも時間を掛けようと思い、
ムックの歩こうとする気持ちを待ちました。

そうしてゆっくりと進んで行き、道を折り返した頃、
不安げな表情をしたままぽつりと動かなくなる事があり、
帰りは何度か抱っこしました。

不安げなムックを無理矢理歩かせようとするよりは、
心も身体も包み込んで、まずは少しでも安心して欲しかったから。

事実、このまま動いてくれなければ家にも帰れず、
「抱っこする?」と聞くと、ムックは腕の中に飛び込んできました。

歩かない事よりも、不安になっている要素がいくつも絡み合っているのか、
ムックとふたりきり、夜空の下で特筆すべき理由が見つからないまま、
ひとつひとつの原因を探って明確にしなければ何も始められないなーと思いました。

ムックは何が言いたいのかな。

何を思っているのかな…

ハーネスでのお散歩に慣れていないだけじゃなく、
歩かない理由が他にもありそうだね。

一先ず抱っこをして話し掛けながらゆっくり歩き、大丈夫だよ~♪と伝えてみました。

すると、ムックの身体から力が抜けていくのが分かります。

少しして地面に下ろすと、またピョコピョコ歩いてくれます。

歩く道もムックにとっては初めての道で、隣にはママもゼットンもいません。

そんな心細さもあったでしょう。

でもきっと理由は他にある…

パニックになるほど怯えている訳ではないので、
ムックの気持ちを最大限に感じたいと努めながら声を掛けてゆき、
無理のない範囲で歩いてもらい、ゆっくりゆっくり帰りました。

結果的に、何度か抱っこした以外はピョコピョコと自分の意思で歩いてくれて、
30分のお散歩は終了。

マンションが見えた頃、一目散にエントランスに駆けてゆくムックを見て、
あれ…?と思いました。

また明日、様子を見よう。




側にいる私が出来る最大の事は、
言葉で気持ちを伝えられないムックの思いを感じようと努める事。

冷静に観察する事。

何もかもが初めてのムックとの歩みです。

ムックは懸命に伝えようとしてくれています。

私も心のアンテナはフル稼働です(笑)


つづく。



スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

*みいみい*

Author:*みいみい*
American Pit Bull Terrier
zetton
2008.08.21



幸せワンコを目指すお友達

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

幸せわんこ♪ (3)
zetton (5)
迷子 (1)
記念日 (5)
公園 (16)
海 (1)
こころ (6)
お散歩 (4)
病気 (3)
ご挨拶 (2)
日常 (1)
apbt life (1)
緊急のお知らせ! (1)
お知らせ (1)
ムック&ゼットン (6)
大地震 (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



Copyright © apbt life All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。